金融車SD東京なら査定無料!ローン中の車でも高価買取致します!

車担保 車乗ったまま融資 のメリット・デメリット

預かり、ご融資は、町の質屋などと同じようにお車預けて査定の範囲で借り入れをすることができます。

乗ったまま、ご融資は担保であるお車を預けずに、返済を続けている限りそのまま継続して乗り続ける事ができます。

では「車担保融資」自体のメリットやデメリットはどんな点でしょうか

メリット

①スピーディに査定から融資を実行

車を融資業者に持ち込むだけで、すぐに査定から融資までを実行してもらえるので、早急に資金を借り入れたい場合は便利な資金調達手段となります。

②金融ブラックでも利用可

個人の信用情報よりも、所有する車の査定が優先されるので、仮に個人の信用ブラックや銀行融資のリスケ経験があっても支障はありません。

③保証人は不要

車担保融資では、所有する車の価値と利用者個人の信用を基に実行されるため、原則保証人が不要となるサービスがほとんどです。

 

デメリット

①金利は信用保証融資と同等

車という価値の高い資産を担保にするにもかかわらず、多くの金融事業者が金利を上限の18.0%〜20.0%に設定しています、これは信用保証融資(無担保のビジネスローン)と同等ですので、まずは信用保証融資で同額の借り入れが可能であるか確認すべきでしょう。

②各手数料の発生

融資業者によっては、契約時や月々の返済の際に様々な名目の手数料を請求する場合があります。たとえば「預かり方式」であれば「管理費」や「パーキング費」。「乗ったまま方式」であれば「名義変更料」や「リース代」などがあります。

③自動車税や保険料の支払いは継続

車の使用継続が認められる「乗ったまま方式」はもちろん、車を融資業者に預ける「預かり方式」の利用であっても、自動車税や保険料の支払い義務が譲渡されることはないので支払いは継続します。

車担保融資は、その言葉通り「融資」です。

したがって、貸金業登録をしていない業者は闇金業者と断定できますので注意が必要です。また日本貸金業協会の加盟は義務ではないものの、加盟会員は内閣総理大臣が認可した融資業者を選びましょう。

 

 

現金必ず残せます 一般の買取店とは違い
お取引当日に現金をお支払いたします

TEL・メール・LINEなどでお気軽にお問い合わせください。、

ライン登録して質問も承ります。  車、オートバイ高価買取り致します

  1. お客様がご納得されるまでご相談に乗り、

    お力になれるよう精いっぱい頑張らせて頂きます。

    信用情報機関には登録・お問い合わせは致しません。
    個人情報管理は徹底致しておりますのでご安心してお問合せ下さい。

関連記事

TOP
CONTACT