金融車SD東京なら査定無料!ローン中の車でも高価買取致します!

車金融 車担保 どんなサービス?

車に乗ったまま融資 車でお金 等という広告を街で見たことがある方は多いのではないでしょうか。消費者金融の審査が通らず困っている方や、ブラックになっている方は「車を担保にしてでもお金を借りることができれば」と思いますよね

しかし実際に自動車を担保にしてお金を借りる事はデメリットが非常に多く、トラブルに巻き込まれる危険性もあります。

車で融資(自動車担保融資)では
お客様が所有しているお車が担保になります。

★ 車金融とは「乗用車・トラック・バイク等を担保に金銭の貸付を行う業者」で文字通り車を担保として融資を受けることが出来るサービスです。

★ 預かり、ご融資は、町の質屋などと同じようにお車預けて査定の範囲で借り入れをすることができます。

   返済が終わるまで車には乗れませんので、車がなくても生活に困らない人や、他に乗れる自動車がある人向けです

★ 乗ったまま、ご融資は担保であるお車を預けずに、返済を続けている限りそのまま継続して乗り続ける事ができます。

   生活に車がないと困る方向けです。融資可能額は預かり融資の時よりも低くなります。

 

貸金業法では10万円までの金利は年20.0%、10万~100万までの金利は18.0%と定められています。

車融資の金利は全てがこの金利に設定されていることが分かります。下限金利が低い会社もありますが、長い取引実績があり、かつ高額融資でないとこの金利にはなりません。大抵の方は一番高い金利でお金を借りることになります。

車金融は万が一返済が滞った場合、車を中古車業者に売却して元金に充てますので、最高でも車の査定価格までしかお金を借りることができません。車の査定額は余程の人気車や高級車でない限りあまり高くならないのが現状ですね。

更に、車に乗ったままでお金を借りる場合は査定価格よりも限度額が低くなります。査定額の半分以下~3分の1程度になったという例もあります。それに加えて手数料が取られる場合もあるので、借りれるお金は思っているよりもかなり低くなります。

車を失うリスクが高い

名義を業者に書き換えるため、貸金業者が車を好きな時に売れる状態になります。車金融の中には、少し返済が滞っただけで車を売ってしまうという業者も存在します。車を担保にしてお金を借りるということは、車を失ってしまう危険性が高い行為ですので

考えてみて売るのか担保で借りるのかどちらが自分にとっては良いか一呼吸置いて選びましょう

 

現金必ず残せます 一般の買取店とは違い
お取引当日に現金をお支払いたします

TEL・メール・LINEなどでお気軽にお問い合わせください。、

ライン登録して質問も承ります。  車、オートバイ高価買取り致します

  1. お客様がご納得されるまでご相談に乗り、

    お力になれるよう精いっぱい頑張らせて頂きます。

    信用情報機関には登録・お問い合わせは致しません。
    個人情報管理は徹底致しておりますのでご安心してお問合せ下さい。

 

関連記事

TOP
CONTACT