金融車SD東京なら査定無料!ローン中の車でも高価買取致します!

自動車業界は半導体不足!でも「半導体」って具体的にどこの部品か説明できる?

電子製品の心臓部とも言える半導体ですが、身近なところでは、パソコンやスマートフォン、家電、ゲーム機などに使用されています。そんな半導体が不足するおもな原因とされているのは、やはりコロナ禍です。

新型コロナウイルス感染症の影響によって、世界中でライフスタイルの変化が見られつつあります。例えば、多くの企業でリモートワークが採用されることになりました。また、外出が禁止されたり、自粛しなければならなかったりすることから、自宅で過ごす時間が増えたという人が多くなりました。

そうした製品のほとんどに使用されているため、世界中で半導体の争奪戦がはじまったのです。

自動車業界も半導体の確保に乗り出しましたが、人の命を乗せて走るというクルマの特性から、自動車業界に納品する部品には非常に高い安全性が求められるため、半導体メーカーは自動車業界よりもパソコンや家電、ゲーム機向け製品の生産を優先したと言われています。

例えば、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)や自動ブレーキなどの運転支援機能、オートエアコンなどの快適装備、そしてエンジンやトランスミッションの動きを制御するECUと呼ばれるクルマの頭脳にも、多くの半導体が使用されています。

このように、半導体はクルマはもちろん、現代の生活にもはや欠かせないものであり、それが不足するということはわれわれの日常生活に少なからず影響が出るということです。

最も身近な例では、納期の長期化です。通常、新車販売台数ランキングの上位に名を連ねるような主力車種であれば、納期は1〜2か月程度と言われています。

軽自動車やコンパクトカーのようなクルマは、日常生活を支えるためのものとして購入されることが多いため、あまりに納期が長すぎると大きな不便が生じてしまいます。

すぐにクルマが必要な人は、納期が長期化している新車ではなく、すぐに乗れる中古車を検討する人も増えているようです。そのため、新車に近い高年式の低走行車などは、相場価格がコロナ禍の前に比べて大きく上昇しています。

このように、半導体不足は自動車業界に軽視できないほどの影響を及ぼしています。

 

買取金額がローン残高を下回るとき

それでも資金調達 現金を残したい方

現金必ず残せます 一般の買取店とは違い
お取引当日に現金をお支払いたします

お客様がご納得されるまでご相談に乗り、

お力になれるよう精いっぱい頑張らせて頂きます。

信用情報機関には登録・お問い合わせは致しません。
個人情報管理は徹底致しておりますのでご安心してお問合せ下さい。

 

 

TEL・メール・LINEなどでお気軽にお問い合わせください。、

ライン登録して質問も承ります。  車、オートバイ高価買取り致します

関連記事

TOP
CONTACT